FC2ブログ

ハーレクイン図書館      
ハーレクインのことなら何でも・・・                         FC2館

2005年7月20日発行 戦火のヴィーナス

4596632480
戦火のヴィーナス
ビバリー・バートン 竹内 栞

関連商品
紳士の誘惑
聖女と堕天使
あの日のあなたへ
最後の夜を忘れない
瞳のなかの永遠
by G-Tools


再会、脱出、そしてめくるめく禁断の愛。

父が生きている?まさか…キャサリンは一瞬、耳を疑った。傭兵だった彼女の父親ラニーは、二十年前に独裁国家サラサの内戦で戦死したはずだ。なのに、いまだ父が捕虜として投獄され続けているなんて。CIAの担当者は淡々と続けた。「解放の条件はただ一つ。身代金十万ドルを直接現地へ届けること」混乱するまま、キャサリンは身代金を携え空港へ向かった。父のかつての盟友マードックがボディガードとして同行するという。元傭兵、父と同じ種類の男。いったいどんな人かしら?人波の中で彼女は奇妙な震えとともに彼を見つけた―本能的に。







Edit
  1. 2005/07/20(水) 15:44:01|
  2. 新刊紹介(ラブストリーム)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2005年6月20日発行 紳士の誘惑

紳士の誘惑 紳士の誘惑 ―狼たちの休息Ⅶ (LS244)
 ビバリー・バートン

 あなたは紳士? それとも……〝狼〟?





部下の失踪事件を調査中のアニーは暴漢に襲われたところを通りがかりの男性に救われた。聞けば、著名な警備会社ダンディー・エージェンシーの最高経営責任者(CEO)デイン・カーマイケルだという。プロとして調査に協力しようと言うが、真意は別にあるようだ。南部の旧家出身で、女性はおとなしく男性に従うものと信じる彼は、意地っぱりなアニーの〝調教〟に興味を持ったらしい。えらそうな男性優位主義者は大きらいよ!思わず反論しようとする彼女を、デインは挑発した。「君は僕のタイプではないとだけ言っておこう」

警備会社<ダンディー・エージェンシー>所属のボディガードたちがヒーローのこのミニシリーズ。「リンダ・ハワード絶賛」の誘い文句に早速シリーズⅠから買い揃えてしまいました。来月も出るそうで・・・これはしばらくビバリー・バートン漬けですね(笑)。「男性優位主義者」のヒーローって、ビバリーのお得意どころです。どのヒーローも結局、結構ころっとヒロインに〝調教〟されてしまうところがおもしろいんですよね。






Edit
  1. 2005/06/23(木) 14:10:53|
  2. 新刊紹介(ラブストリーム)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2005年4月20日発行 シークの復讐

シークの復讐
シークの復讐(LS236)
ジャックリーン・ダイアモンド

誇り高き砂漠の戦士。
その瞳には憎しみの炎が燃えていた。


ひょっとして、わたしは誘拐されたの?
猛スピードで走る車の後部座席で
たくましい腕にとらわれたまま、ホリーは呆然とした。
失踪中の妹が残した幼子を抱いていたところ、
いきなり現れた二人組の男性に子供を奪われたのだ。
彼らは追いすがったホリーを車に引きずり込んだあげく、
今はパトカーと派手なカーチェイスを繰り広げている。
いったいどういうこと? ともかく逃げなければ!
ホリーは自分を押さえつけている男の整った風貌に目を留めた。
この突き刺すような鋭いまなざしには見覚えがある……。
次の瞬間、銃声がとどろいた。

「シークもの」&「復讐」。タイトルだけでも人気の2つがくっついてる!!(それにしても、なんか今までにもありそうなタイトル・・・)。あらすじも結構ドキドキもの。個人的にはそんなにシークものが好きなわけではないのですが、これはツボ。




Edit
  1. 2005/04/22(金) 14:56:40|
  2. 新刊紹介(ラブストリーム)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ