FC2ブログ

ハーレクイン図書館      
ハーレクインのことなら何でも・・・                         FC2館

お気に入りの作家さん★ヘレン・ブルックス

★ヘレン・ブルックス★
R-1082『あなたは悪魔?』で初登場。以降コンスタントに作品を発表されています。傷ついたヒロイン、ヒーローが多く、心の傷、過去の傷を書くのが上手い作家さんです。当然、「事情があって結婚できない」「逃げた妻を追いかける夫」「愛しているからこそ一緒になれない」といったお話が多くなるわけですが、なかなか泣ける設定・展開です。ボロボロ泣きたいという方には『愛ゆえに別れて』あたりがお薦めです。

忘れえぬ絆
ヘレン・ブルックス
忘れえぬ絆

『悲しみの館』(初版R-1383) 
イタリアで名家の長男ドナートに見そめられ、19歳で結婚したグレイス。しかし、次々と不幸な事件に襲われ、イギリスに戻った。それから1年後……。

『情熱の傷あと』(初版R-1389)
双子を出産する親友を手助けするためイタリアに来たクレア。空港に出迎えてくれたのは親友の夫の義弟で、危険な香りを漂わせたロマーノだった。







Edit
  1. 2005/09/12(月) 23:42:19|
  2. お気に入りの作家さん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お気に入りの作家さん★リン・グレアム

★リン・グレアム★

ふたたびハーレクインの世界に引きずり込んだ張本人?!
今一番のってるハーレクイン作家さんのひとりです

クラシックスから発売中の『熱い罠』 実にグレアム作品らしい作品。大金持ち、傲慢、復讐、嫉妬、逃亡、愛人…とにかくみんなてんこもり!!
熱い罠
リン・グレアム
4596736146
六年前、優しい男性との結婚まで一カ月半足らずのとき、ジェシカはギリシアの実業家カルロ・サラシーニに出会った。彼女がすでに婚約していることを知ると、カルロは金色の瞳に激しい情熱を浮かべて言った。「きみは、いずれぼくのものになる」 カルロはジェシカの父親の経営する会社を買収して強硬な態度に出たが、 彼女はその魔の手から必死に逃げ出したのだった。そして六年後の今、カルロはあのときの復讐を果たそうとしていた。ジェシカの結婚した男性は長患いの末すでに亡くなり、彼女の父親は横領という重罪に問われそうになっている。カルロは思い出のホテルにジェシカを呼び出して選択を迫った。三カ月間彼の愛人になるか、父親を刑務所に入れるかを。

4596735891情熱はほろ苦く
リン・グレアム

もつれた歳月―Spring*romance 残り香の誘惑 悲しみの先に 背徳の烙印 危険すぎる契約―華麗なる転身〈2〉

by G-Tools

4596119856ナポリから来た恋人―異国の王子さま〈2〉
リン グレアム Lynne Graham 藤村 華奈美

ひと夏のシンデレラ―異国の王子さま〈1〉 誰も知らない結婚 愛なきハネムーン―華麗なる転身〈3〉 邪悪な天使―華麗なる転身 危険すぎる契約―華麗なる転身〈2〉

by G-Tools




Edit
  1. 2005/09/02(金) 17:26:52|
  2. お気に入りの作家さん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お気に入りの作家さん★ペニー・ジョーダン


★ペニー・ジョーダン★

私が一番最初にはまった作家さん。
言わずと知れたハーレクイン作家を代表する方です。

昔から目立っていました!初期の作品はどれもなかなか設定が楽しく、バラエティーに富んでいました。最近はさすがにパターン化しているものもありますが・・・。ひとまずロマンスの王道でしょう。私にはじめて、『それぞれの作家さんには作風があるのね・・・』という、あたり前のことを気づかせてくれた作家さん(ちなみに対極的な意味合いでベティ・ニールズさんも)。それ以来『作家買い』という言葉を知りました(笑)。それにしても例の『主婦作家』、なんとも魅惑的なひびきでしたわ(爆。なんかあのパーフェクト・ファミリーのマディのイメージですかね)。タイトルに惹かれて探しに探した懐かしの作品は『海に眠る恋』。ちなみにジョーダンのヒロインといえば、圧倒的に清純派。ヒーローは実力者、傲慢、不遜、そしてはやとちりで思い込み烈しすぎ!まあそこが情熱的でもあり、魅力なのですがね。自分勝手な思い込みでヒロインを「悪女・妖婦」と決めたら一直線、虐待の限りを尽くしちゃう。なんてったって私のお薦めの一冊は『キスのレッスン』です。ちなみにこの作品のヒーロー、ルークは優しいですよ。ペニー作品はR1000あたりを区切りに前半部と後半部で分けて読むといいかも。


4596119554無邪気なかけひき―砂漠の恋人〈1〉
ペニー ジョーダン Penny Jordan 橋 由美

誘惑はオアシスで 月夜の魔法 運命のリフレイン 打ち寄せる波のごとく 危険すぎる契約―華麗なる転身〈2〉

by G-Tools







Edit
  1. 2005/07/02(土) 17:27:11|
  2. お気に入りの作家さん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お気に入りの作家さん★ヘレン・ビアンチン

★ヘレン・ビアンチン★
ビアンチンの描くヒロインは、弁護士であろうが企業の重役であろうが、印象は「有閑マダム」(または、その候補)。そしてヒーローは例外なく大物揃い。とにかく官能的かつリッチ&ゴージャスな恋です。描写も丁寧で、ファッションや料理といった小道具の説明にまで余念ありません。また、ビアンチンといえば、お得意はヒーローが無理矢理結婚を迫るパターン。強制&偽装結婚、脅迫&契約関係のお話が多いです。結局のところヒロインに惚れきっているヒーローが、いかにヒロインの心をつかむか(取り戻すか)。ヒーローの押しの一手のようにみえて、実は苦難の道です(笑)。完璧に見えるヒーローが、ほんの少し垣間見せる弱い部分。ここに女性は惹かれてしまうのです。心憎いね、ビアンチン先生。
翡翠色の情熱
翡翠色の情熱
甘い屈辱
甘い屈辱
愛に震えて
愛に震えて
熱砂に燃えて
熱砂に燃えて
うるわしき姉妹
うるわしき姉妹
恋と魔法の季節―クリスマス・ストーリー2004 四つの愛の物語
君がターゲット
君がターゲット
許せないプロポーズ
許せないプロポーズ



Edit
  1. 2005/07/01(金) 19:13:51|
  2. お気に入りの作家さん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

お気に入りの作家さん★ジャクリーン・バード

作家特集★ジャクリーン・バード

R-1625『レディは恋泥棒』で日本デビュー。比較的新しい作家さんですが、あっという間にファンがいっぱい。傲慢なヒーロー、強いヒロインが印象的です。

レディは恋泥棒

この作家さんの書くヒーローは、とにかく傲慢で意固地で思い込みが激しい、「由緒正しき傲慢ヒーロー」。もちろん、リッチでルックスも・・・クラクラくるいい男。でもって性格はというと・・・(笑)。

多くの場合、何らかの目的(復讐、資産etc)があってヒロインに近づくパターン。当然その目的がバレて・・・泥沼一直線。ヒロイン、思いっきり可哀想・・・でも強~いヒロインはちゃ~んと立ち直るのです。この辺のヒロインの強さ・頑固さはジャクリーン・バード!

結局、目も眩むような美女ヒロインにヒーローは自分のプライドも投げ捨てて、ありとあらゆる手段で迫っていくことに。ヒロインを手中におさめようと四苦八苦。

どの作品も「超ホット」ですから、傲慢系をお探しのあなたには絶対お薦めです。





Edit
  1. 2005/04/27(水) 12:26:57|
  2. お気に入りの作家さん|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ