FC2ブログ

ハーレクイン図書館      
ハーレクインのことなら何でも・・・                         FC2館

ハーレクインの表紙絵

この二つの作品の表紙絵、細部は微妙に違うけれど同じもの?!
R1724婚約のシナリオ
ジェシカ ハート 夏木 さやか
4596117241
R1961消えなかった愛
ダフネ・クレア 仙波 有理
4596119619
日本で出されるハーレクインの表紙絵は、主に北米版かヨーロッパ版の原書で使用されたものを使うそうです。表紙専門の部門があって作家や作品のイメージを考慮して、デザイナー、写真家、画家などが時間をかけて作り上げていくとか・・・

で・・・どうして違う作品なのに同じ絵なの・・・? わたくし的には、この表紙のイメージは先に刊行された『婚約のシナリオ』のヒロイン&ヒーロー、フローラとマットのものです。
婚約のシナリオ 消えなかった愛
オリジナルはそれぞれ
『婚約のシナリオ』
0373035446Temporary Engagement (Harlequin Romance, 3544: Marrying the Boss)
Dessica Hart
Harlequin Books (Mm) 1999-03

by G-Tools
『消えなかった愛』
0263115372No Winner
Daphne Clair
Harlequin Mills & Boon 1987-09-12

by G-Tools
『No Winner』の邦訳版『消えなかった愛』は2004年5月刊行ですから、なんとオリジナルが出てから17年後!!ダフネ・クレアの作品は地味目で日本ではマイナーですが、かなり初期の段階からいろいろな作品の邦訳も出されていて私は昔から好きです。私にとって印象的な作品が多い作家さん。『過去の心の傷』や『葛藤』というのを細かく、繊細に表現するのが実に上手です。この作品も邦訳版の表紙はしっくりきませんでしたが、内容は◎。

ちなみに問題の表紙絵、オリジナルではこの作品のカバーに使われていました。
The Playboy in Pursuit

邦訳はこちら
4596214824タンゴは踊れない―プレイボーイの誘惑〈3〉
ミランダ リー Miranda Lee 吉本 ミキ
ハーレクイン 2001-11

by G-Tools



Edit
  1. 2006/04/19(水) 12:35:54|
  2. 館長のつぶやき|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新刊本コレクター

そろそろ新刊品切れになります。
お早めに。

リンゼイ・マッケンナの最新シリーズです。紹介し忘れていたので今日慌てて追加しました。詳しくは新刊紹介(その他)でチェック!
リンゼイ作品は絶版になった頃に読みたくなる(読み返したくなる)そんな作品が多く、私はいつも古本屋で探していました。

闇に輝く虹―運命の女たち 2
凄腕の女性ヘリコプター・パイロットのアキバは、副指揮官ジョーとメキシコ国境でパトロールに当たる。過去の体験から男性に心を閉ざす彼女だが、二人で危険な任務を行ううちに…。

アキバは↓この作品で初登場。
戦闘ヘリの女性パイロット軍団を組織するマヤがヒロインです。
マヤは女戦士インカの姉です!
↑どうです???こんな風に言われるとインカのお話も読みたくなってくるでしょ。
愛を誓う空―ペルセウス
愛を誓う空―ペルセウス


↓というわけでこれがインカのお話(笑)。
でもってインカは<ペルセウス>シリーズおなじみの名脇役。
実はもっともっと前からいろんな作品に登場しているのです。
ほらほら、こうして芋づる式にリンゼイワールドにはまっていってしまうのです。
もっと詳しく知りたい方はこちらへ
愛を捧げる森
愛を捧げる森





Edit
  1. 2005/05/22(日) 17:17:06|
  2. 館長のつぶやき|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハーレクインの本棚更新

「ハーレクインの本棚」をリンクに加えました。
楽天オークション出品中の作品のあらすじなどを紹介することにしました。

今回出品中の作品はハーレクインイマージュの古い時代のもの。
表紙写真がないのが残念ですが…。そのうちもっと古い時代(初期作品)も一挙紹介の予定です。




Edit
  1. 2005/04/26(火) 11:42:56|
  2. 館長のつぶやき|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ぼくの美しい人だから

ぼくの美しい人だから
ぼくの美しい人だから
ぼくの美しい人だから

ハーレクインじゃないけど、このおはなし知っていますか?
こういうのはハーレクインじゃ味わえないですね~。
とっても有名なおはなしですが、まだの方は是非是非読んでくださいな~。




Edit
  1. 2005/04/22(金) 22:23:17|
  2. 館長のつぶやき|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

やっぱりハーレクインロマンス!

ハーレクインロマンスから3冊紹介します。

私はやっぱりロマンスシリーズが好き。

ミランダ・リーはデビューがイマージュなのでどうもまだしっくりきませんが・・・。作風はデビュー当時から「どうしてイマージュなの??」という感じのセクシー&情熱的なものばかり。私はシリーズコレクターなもので、正直なところ、どうしてもイマージュは後回しに・・・という具合でした。そんなわけでミランダ作品はこれから読むぞ!と張り切っています。(といっても、なんだかんだ言って、すでにイマージュものでもけっこう読んでいるのですが・・・。)

サンドラ・マートンとサラ・クレイヴンはどちらもロマンスシリーズを代表する実力派。どっちと選べないほど両者とも大好きな作家さんです。サンドラの構想力豊かなおはなし、クレイヴンのワクワクするような展開&魅力的なヒーロー、いっつも楽しんでいます。


Edit
  1. 2005/04/19(火) 21:59:11|
  2. 館長のつぶやき|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ