FC2ブログ

ハーレクイン図書館      
ハーレクインのことなら何でも・・・                         FC2館

憎しみも何もかも Part2

MYレビュー【リサ・クレイパス作品】

「憎しみもなにもかも」 こちらのレビュー Part1ではこんなことを書きましたが


メロメロヒーローの物語ということで
もう一度読み直してみると
このお話やっぱり・・・いい!!
すごくいい!
Part1のレビューでは×××。

このお話はヒロインの復讐のお話ではなく
ヒーローのふか~い愛のお話
なのです。

考えてみるとロマンスものの定番の一つが
ヒロインの秘密、裏切り→怒り狂うヒーロー、復讐ってパターン。
愛のあまり嫉妬に狂った理不尽ヒーローってのはよくあるパターン。
いわゆる鬼畜ヒーローなんてまさにこれ。

ところがこの作品のヒーロー、ロス卿は
いつでも、どこでもとにかくヒロインに優しい。
何をやられようと、何を言われようと
「君にそんなことができるはずがない」って

ヒロインを信じきっているんですよ。

おそらくこれほど寛大で寛容なヒーローっていない・・・
読み直せば読み直すほど、ヒーローの甘々ぶりというか
メロメロぶり?!に惚れなおしちゃう。
そもそもクレイパスのヒーローって、優しいのですが
ロス卿はさらに、さらにすごい。
これは必読!


で・・・一方で、
考えてみると、こんなに無理難題をヒーローにふっかけるヒロインも珍しい(笑)。
ほんと、読み出したら止まらない!

ということでネタばれゴメンで、
ロス卿に降りかかる災難?の数々を思い出しちゃおう。

Part3につづく



憎しみもなにもかも (ライムブックス ク 1-10)
憎しみもなにもかも (ライムブックス ク 1-10)平林 祥

おすすめ平均
starsシリーズの中で一番好き!
starsロス卿のツンデレぶりを堪能
stars男40歳、女28歳の大人の恋
stars素敵過ぎです!!!
stars微妙です・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ファンの方、ぜひ一票お願いします。
お気に入りのリサ・クレイパス作品を投票する




復讐の第一歩は、彼を誘惑すること
で・・・ロス卿はヒロイン、ソフィアの思わせぶりな、あれやこれやに翻弄されます。
あの手この手で、彼の生活はかき回されるわけですが、
もちろん赦しちゃう
そのデレデレぶりが、なんとも微笑ましい。

言うことはきかない
ヒロインの身を心配して「来ちゃいけない」
「やっちゃいけない」といっているのに、結果的に
ヒロインは無視~

思わず 怒!!のロス卿。
ロス卿じゃなくたって、危なくて見ていられない。
怒られるの当たり前。

それでもあとで、大声を出したことをちゃんと謝ってる優しいヒーロー。
デレデレ~のヒーローにここぞとばかりに甘えるヒロイン。
見てられない・・・でも見たい!読みたい!やめられない。
(あくまでも純粋な想いのヒーローですが、ヒロインは
もちろん彼を誘惑するために甘々~)

でも、この言うことを聞かないヒロイン
なんだ、かんだと結局いつもヒーローの言うことを聞かずに
問題を巻き起こしているような・・・(笑)


きみはひとりで市場に行ってはいけない
「治安が悪いから、だれかと行くように」と心配するロス卿に
ソフィアはなんて答えたと思います?
仕事中なのにロス卿も大変だわ・・・
まったく言うことを聞きません


治安判事のロス卿の補佐役に新しく雇われたソフィアでしたが
補佐???というか、その存在に完全にペースを乱されているロス卿。
ソフィアは復讐を胸に彼に近づいているのですが・・・

そして、怪我をしてしまうロス卿。
怪我自体はソフィアのせいではありません。
でも・・・治安判事補モーガンの言い分に私も賛成!!


で・・・ヒーローの病気(怪我)といえば
これまたロマンスの定番。

とうぜんソフィアも

「あなたのお世話がしたいの」・・・という展開に。

ここまでの展開も本当にうまいクレイパスです。
そしてここからの展開も実にいい!
(詳細は読みましょう!)

で・・・


マシュー(ロス卿の弟)を誘惑?!

「あいつを誘惑しようとしたのか!」
「ええ」
「そんなの嘘に決まっている!」

ヒロイン絶体絶命~!
ハーレクインだったら、ここから誤解~
嫉妬の嵐~となるような場面ですが、あっさり却下。
全然信じてもらえない。

「きみはそんな女性じゃない」

う~む。うらやましいねヒロイン。
ヒーローに信頼されきっているヒロイン。
何があろうと絶対揺らがないヒロインへの想い。

切々とヒロインを口説くヒーローに読者は完敗です。
ヒロインも完敗。

とうとう告白します。

「私はあなたを騙して、傷つけようとしたのよ」

真実を告げてもなお、ロスは拒絶せずにいてくれる。
この辺のやりとりなんとも言えません。
う~ん、甘い。

しかし、この後もヒロインは次々と新たな秘密を抱え続けることに・・・


ということでPart3につづく






関連記事
スポンサーサイト



Edit
  1. 2011/03/05(土) 10:24:44|
  2. ロマンスレビュー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harlequintosyokan.blog7.fc2.com/tb.php/312-e18ed2b9