FC2ブログ

ハーレクイン図書館      
ハーレクインのことなら何でも・・・                         FC2館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Edit
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

シリーズ<砂漠の王子たち>

2000年にハーレクイン社、シルエットディザイアシリーズから出されたアレキサンドル・セラーズの<砂漠の王子たち>シリーズ。
シークものということもあり、大人気のこのシリーズはその後スピンオフも次々発表され、2004年には第1作~3作がリバイバル刊行。多くのファンを生みました。
シークの人質―砂漠の王子たち 1孤独なシーク―砂漠の王子たち 2恋するシーク―砂漠の王子たち 3


私が最初に読んだのはシリーズ4作目にあたる『シークの選択』
しかも結構最近のこと。ロマンスシリーズ以外は拾い読みがメインなので、はまりそうなシリーズものは日ごろ敬遠気味。それが・・・偶然出会ってしまった一冊。
でもはっきり言って???状態。この作品自体よりも、未読の3作品のことばかりが気になる展開。これは最初から読まなきゃあかん・・・と慌てて集めだしました。
シークの選択―砂漠の王子たち

ヒーローは
プリンス・ジャラル・イブン・アジズ・イブン・ダウド・イブン・ハッサン・アル・クライシ
いったい何人分の名前?!
筋肉ムキムキ、ご覧のようないい男。

裏表紙の紹介には『憎むべき盗賊は、彼女の心まで盗んでいった』とある。
盗賊?!ヒーローはプリンス、砂漠の王国バラカットのシークじゃなかったの??

読んでいるとわかってくるが、彼の叔父にあたるプリンス・ラフィの妃は、本作ヒロイン、クリオの姉で・・・おまけにこの二人のロマンスにはジャラルが大いに関係していたらしい。ああ複雑・・・。実はジャラルはかつて盗賊だった男で、クリオの姉を誘拐した前科がある(シリーズ3作目)。当時バラカット国は3人のプリンスによって分割統治されていたが、ジャラル自身が庶子ではあるが直系の王位継承者であったために、シークの座を巡っての画策、陰謀に巻き込まれていたのだ。

で、ネタバレしちゃうと、盗賊ジャラルは実はプリンス・ラフィ達の亡き長兄にして、王国の継承者であったアジズを父に、大盗賊セリムの娘ヌサイバを母にもつ異色のプリンス。ところがプリンス・アジズはジャラルの存在を父王に告げぬまま飛行機事故で若くして死んでしまったのです。そんな自分の血筋を知らぬまま育ったジャラルでしたが、自分にそっくりなプリンス・ラフィ(叔父)の姿を目にして、自分の出生の謎を知ってしまう・・・。王国の権力の座をめぐる陰謀や策略を背景に展開するプリンスたちのロマンス、それがこの<砂漠の王子たち>シリーズです。

本作がシリーズ初読の私にはすべてがはじめて!いろんなプリンスは登場するは、前作までのエピソードは出てくるは、最初は大混乱。まずはバラカット国を治める3人のプリンスのロマンスから読まなきゃいけませんね~。↓↓↓↓↓↓

シークの人質―砂漠の王子たち〈1〉
西バカラットを治める、プリンス・カリムのおはなし。
金髪のヒロイン、キャロラインはすでに婚約者のいる身ですが・・・

孤独なシーク―砂漠の王子たち〈2〉
中央バカラットを納めるプリンス・オマールは妻に先立たれた2人の子持ち。亡き妻が忘れられない彼の前に現れたのは、子供たちの家庭教師であるイギリス人女性、ジェーン

恋するシーク―砂漠の王子たち〈3〉
プリンス・ラフィの治める東バカラットにやってきたのは、
古代遺跡の発掘チームの一員、カナダ人のザーラ。(クリオの姉です)
これがジャラルにそっくりな?プリンス・ラフィ

そうなんです!!
3人のシーク兄弟、みなさん外国人の花嫁。しかも『誘拐』だの『人質』だの、いやはや、ありそうにないおはなしがそそりますね~~~。この3作に登場する盗賊ジャラルのロマンスが第4作目『シークの選択』になるわけです。おまけにヒロインはザーラの妹。ということは・・・・1~3作を読んだ方には、4作目は話題のヒーローのロマンス、かなり注目度の高い作品だったわけです。

で・・・その『シークの選択』はどんな選択だったかというと・・・。この辺は読んでのお楽しみとしましょう。あれれのれれれれ・・・・という展開で、ホントにこれでおわり?!という結末でしたね。

ところで、『シークの選択』にももちろん登場するカリム、オマール、ラフィの3人のプリンス、若くてハンサムでお金持ちで・・・と絶賛されていますが・・・表紙絵だと・・・。
どうです?!
まっ、カリムは美男かな。
若くてハンサムで・・・おまけにジャラルにそっくりというけれど、
ラフィよ、似てない!ぜんぜん似てませんよね~~~。

ラフィとザーラは作中では『おとぎ話のプリンスとプリンセスのよう』だとか・・・う~む、私が見る限りでは、ジャラルとクリオのほうが美男美女だよな~。





関連記事
スポンサーサイト



Edit
  1. 2006/07/29(土) 11:36:09|
  2. 館長のつぶやき|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harlequintosyokan.blog7.fc2.com/tb.php/190-8983ab7f

プリンセス英語におけるプリンス(prince)の女性形で、王子の妃、王女、公妃、女公などを意味する。またはその人の称号。月刊の女性向け漫画雑誌。この記事で説明。----プリンセスは、秋田書店が月刊で発行している女性向け漫画雑誌。1974年創刊。.wikilis{font-size:10px;co
  1. 2007/10/12(金) 08:46:05 |
  2. 雑誌辞典

プリンセス英語におけるプリンス(prince)の女性形で、王子の妃、王女、公妃、女公などを意味する。またはその人の称号。月刊の女性向け漫画雑誌。この記事で説明。----プリンセスは、秋田書店が月刊で発行している女性向け漫画雑誌。1974年創刊。.wikilis{font-size:10px;co
  1. 2007/09/05(水) 14:48:47 |
  2. 雑誌辞典

プリンセス英語におけるプリンス(prince)の女性形で、王子の妃、王女、公妃、女公などを意味する。またはその人の称号。月刊の女性向け漫画雑誌。この記事で説明。----プリンセスは、秋田書店が月刊で発行している女性向け漫画雑誌。1974年創刊。.wikilis{font-size:10px;co
  1. 2007/08/06(月) 10:00:12 |
  2. 雑誌辞典
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。