FC2ブログ

ハーレクイン図書館      
ハーレクインのことなら何でも・・・                         FC2館

想いあふれて  リサ・クレイパス

ファンの方、ぜひ一票お願いします。
お気に入りのリサ・クレイパス作品を投票する


ということで、MYレビュー【リサ・クレイパス作品】を連載しています。

想いあふれて (ライムブックス)
想いあふれて (ライムブックス)平林 祥

おすすめ平均
starsボウ・ストリート・シリーズ第1作!
starsさすがのクレイパス!
starsおもしろかったです。
stars良作!
stars記憶喪失の裏にある真実

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

父親の事業失敗をきっかけに一家離散、弟の死を経験し
愛情を信じなくなった孤独なヒーロー、グラントと、
テムズ川で溺死の状態で見つけられ、記憶喪失となっている
高級娼婦のヒロイン、ヴィヴィアンの話。
2m近い体躯を持つ大男の甘い恋~~~

まあ一般のレベルからいえばとっても良作、お勧めの作品間違いなしです。
が、敢えて辛口でいって★★★☆☆

クレイパス作品のなところ

肝心かなめの設定に迫力がないというか、ちょっと違和感があるところ

このお話も、

ヒーローの復讐がテーマなんですが・・・

過去に身に覚えのない噂を流されて屈辱を受けた・・・というだけの理由で
復讐を目的に瀕死のヒロインを家に連れて帰る。 で、目を覚ました彼女は
自分の事を思い出せないほどの記憶喪失。その思いやりと優しさ、
知性を感じさせる言動にヒーローはとまどいながらも
強烈に惹かれてしまうという展開なんです。

が、

伝説の捕り手として、その名を馳せた社交界の寵児がですよ、
勇敢かつ公明正大な正義の味方がですよ、
みなの尊敬を一身に受けている彼がですよ、

娼婦に自尊心を傷つけられた

本気で、冷酷にも復讐を考えますかね・・・。どうもしっくりこない。
グラントはそんな男じゃないよ~!!!と叫んでしまう。

ほんと、肝心かなめなところでかなりの飛躍が・・・
ああ、それから肝心の「ヒロイン=娼婦」に関しての種明かしも
なんか納得できないな~。
その辺に目をつぶって、なんかよっぽどひどい別の理由を
勝手に創作して(?!)読めば、大変面白いお話です(笑)。

余談ですが、シリーズ第2作のヒーロー、ロス卿が上司として登場します。
これがかっこいいのよね!
若くして愛妻に先立たれた影のある男。
多くの部下に慕われ、政治的駆け引きにも秀でた実力者。
禁欲的で、仕事一筋のロス卿のあだ名は「ボウストリートの修道士」!!
抑制されたその姿は、かっこいいフェロモン出しまくりです。

肝心の次作「憎しみもなにもかも」ではこのイメージが完全に覆されてしまうので(笑)
今のうちにそのカッコ良さを存分に味わっておいてください。



スポンサーサイト



Edit
  1. 2010/06/11(金) 20:18:16|
  2. ロマンスレビュー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0